【サッカー】コンフェデ杯で早々敗退もザッケローニが高笑いする理由

【サッカー】コンフェデ杯で早々敗退もザッケローニが高笑いする理由
グループステージで敗退したものの、イタリア戦での善戦は、ザッケローニ監督にとって大きな意味を持つという。その理由とは?
ブラジル、イタリアに続き3戦目のメキシコにも敗れ、グループ最下位でコンフェデ杯(ブラジル)を1次リーグ敗退したサッカー日本代表。

ただ、何もできなかった初戦のブラジル戦(0-3)と違い、第2戦ではザッケローニ監督の母国イタリアを最後まで苦しめたことから(3-4)、チームを取り巻くムードは一変した。

試合直後、左サイドバックの長友はこう手応えを口にした。

「(試合の)入り方はパーフェクト。内容的にもイタリアを上回っていた。それでも勝つサッカーをするのがイタリアで、そこが日本はまだ足りないけど、こういう戦い方をすれば強豪ともやれる。自信を持っていい。ブラジル戦は失点を恐れて消極的な戦いをしてしまった。(今回のイタリア戦のような)気持ちの入った試合をすれば、もっとチャンスをつくれた。僕自身は進む方向が見えた」

DFの今野もこう振り返る。

「勝たなくちゃいけない試合だった。イタリア相手にもパスを回せたのは自信になった」

イタリア戦では、日本の攻撃に目を見張った地元ブラジルの観客から、時間の経過とともに「ハポン(日本)! ハポン!」の大合唱が巻き起こった。

イタリアの大手新聞『レプブリカ』のエンリコ・クロー記者も日本の印象をこう語る。

「日本はブラジル戦の黒星で評価を落としたが、あれは時差と疲労によるもの。実力差のせいだけとは言えない。(イタリア戦を前に)ザッケローニに残された道は主導権を握って勝ちにいくことだけとなり、それがうまくいった。日本は勇敢に戦い、われわれを本当にヒヤヒヤさせた。ベースはもう十分にできている。来年のW杯本番では少なくともベスト8には入るだろう」

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年6月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。