プロ野球・統一球問題が迷走したワケ

「昨年と比べ、明らかにボールが飛ぶ感じがする」という選手会側の追及により、NPB(日本野球機構)が選手やチームに無断で球を改良していたことが発覚した「統一球」問題。加藤良三コミッショナーの進退を問う声も上がるほど事態は紛糾しているが、なぜNPBはそこまでして変更を隠したかったのだろうか?

パ・リーグ某球団幹部が、旧統一球をめぐる動きを振り返る。

「統一球導入元年の2011年9月、早くもナベツネさん(巨人の渡邉恒雄会長)が、あまりに本塁打が出にくいと記者団の前で不満をブチまけた。さらに昨年4月には、選手会も“飛ばなすぎる統一球の検証”をNPBに申し入れていました。そんななか、実は昨年の夏頃に一部で『統一球が少し飛ぶようになったのでは?』という話が出始めたんです。NPBの事務局は『変更していない』と回答しましたが、疑惑は収まらず、ある球団は実際にボールを輪切りにして、中の構造に違いがないかどうか確かめたほどです」

NPBが今回公表した反発係数の検査結果を信じるなら、昨年夏頃に使われていたボールがそれまでよりも「飛ぶ」ということはない。夏場になって投手に疲れが出て、打者がボールに対応し始めただけかもしれない。だが、少なくともかなり早い段階から統一球には不満の声が大きく、“圧力”と“疑惑”にさらされていたことは事実なのだ。

「2011年の統一球導入以後、得点が入りづらくなり、目に見えて逆転ゲームが減った。序盤に1、2点取ったらそのままゲームセットというような試合展開が急増し、昨年などは各球団とも観客動員がおしなべて落ちました。そこで昨年の秋、クライマックスシリーズに入る頃に、各球団がNPBに対して統一球の見直しを訴えたことがあったんです。このときもNPB幹部は『朝令暮改はしたくない』と、見直しに否定的な態度でした」(セ・リーグ某球団関係者)

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年6月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。