「自衛隊」と「国防軍」ってどう違うの?

いよいよ明日に公示を控えた参院選。最大の争点となる「憲法改正」議論のなかでも、賛否が分かれるのが戦争放棄を掲げた憲法9条改正の問題だ。自民党が2012年に公表した9条改正草案で、特に目を引くのが「国防軍」「審判所」という文言。「自衛隊」が「国防軍」になることで、いったい何が変わるのか? そして「審判所」って何だ? 自民党の改正案を細かく見ていこう。

***

《自民党草案憲法9条の2(国防軍)》

●我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、


内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。

●国防軍は、(中略)国際社会の平和と安全を確保するために


国際的に協調して行われる活動


及び公の秩序を維持し、


又は国民の生命若しくは


自由を守るための活動を行うことができる。

●国防軍に属する軍人その他の


公務員がその職務の実施に伴う罪


又は国防軍の機密に関する罪を


犯した場合の裁判を行うため、


法律の定めるところにより、


国防軍に審判所を置く。


この場合においては、被告人が


裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。

***

まずひとつ目の項目で宣言する「国防軍」についてだが、2005年に政権与党だった自民党が出した新憲法草案では「自衛軍」という表現だった。その後、民主党に大敗し、野党に転落。再び政権に返り咲くまでの間に草案をさらに改訂、「国防軍」という名称が生まれた。

それでは、現在の自衛隊と「国防軍」には、どのような違いがあるのだろうか? 慶應義塾大学の小林節(せつ)教授は苦笑しながらこう答えた。
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月3日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。