前ワタミ会長・渡邉美樹が参院選で孤立無援になっている

       
別のある議員は愚痴をこぼす。

「ワタミは私の地元の商店街に町内会費を払っておらず、そればかりか、会社に所属する非正規社員の雇用保険などの社会保険料を負担していないそうだ。もし、それが本当なら看過できない。こんなダーティな会社の元経営者に公認を与えたということになれば、自民党のイメージが損なわれる。ほかの候補者の選挙戦にも影響が出るかもしれない」

どうやら、渡邉氏は自民党内で“はれ物”扱いされているようだ。とはいえ、選挙戦が始まった以上、何かしらのスキャンダルでも起きない限り公認撤回はできない。

「こうなると、渡邉氏本人が自らの意思で出馬を辞退してくれることを期待しているのですが……」(前出・S氏)

現在、ネットをはじめとして各所から渡邉氏の出馬辞退を求める声が上がっている。だが、彼の秘書はこう断言する。

「さまざまなご意見をいただいておりますが、渡邉に出馬を辞退する意思はまったくございません。やる気です!」

それでは、今回の参院選で渡邉氏が当選する可能性はどれほどなのだろうか。冒頭で述べたとおり、彼は自民党の比例代表として出馬する。「参院選の比例区は『個人名+政党名』の合算の得票数で各党に議席が配分され、比例名簿に載せた候補者のうち、個人名での得票が多い順に当選する、という仕組みです。今の勢いがあれば自民党は比例区で20議席は取れるはず」(S氏)

自民党の候補者は29人。S氏の見立てから考えると、この中の約3分の2が当選する計算だ。

“悪名は無名に勝る”。彼はさんざん叩かれて逆の意味でネームバリューを高めていますから、当選は確実だと思います(苦笑)」(S氏)

一方で政治評論家の浅川博忠(ひろただ)氏は厳しい見方を示す。

「選挙期間中、渡邉氏は街頭で汚名返上を訴えるでしょうが、党内で応援演説に行く人は誰もいないはず。ワタミ関係者の組織票が期待できるとはいえ、孤立無援では選挙に勝てません」

開票は今月21日。政治家・渡邉美樹の誕生なるか?

(取材・文/興山英雄)

元の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月12日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。