ザックジャパンに入れるべき新戦力は「中村俊輔らのベテラン選手」という声

ザックジャパンに入れるべき新戦力は「中村俊輔らのベテラン選手」という声
新戦力が試されているザックジャパンだが、闘莉王のようなベテラン選手が必要という声も多い
20日(土)からサッカーの東アジア杯が開幕する(~28日/韓国)。

今回、召集されたメンバーは国内組の23人。3戦全敗に終わった6月のコンフェデ杯で、W杯の予選突破が目的だったメンバーは一旦白紙に戻し、1年後のW杯本番で戦える選手を、ここから新たに発掘していくことになる。

そのメンバーには、FW柿谷曜一郎(セレッソ大阪)、FW豊田陽平(鳥栖)、MF山口蛍(セレッソ大阪)らA代表初選出の選手が10名。また、DF槙野智章(浦和)、FW大迫勇也(鹿島)らが再召集された。

目を引くのが、徹底した若手中心の構成だ。30歳を過ぎた選手は、GK林卓人(仙台・30歳)、DF駒野友一(磐田・31歳)のふたりしかいない。コンフェデ杯でのチーム最年長は、遠藤保仁(ガンバ大阪)の33歳。ザックが目指すチーム像が、この東アジア杯のメンバーからも見え隠れする。

だが、今のザックジャパンに必要なのはベテラン選手だという声も多い。サッカーライターのB氏は、GKの楢﨑正剛(名古屋・37歳)を推す。

「僕が楢﨑を推すのは、試合中のプレーだけが理由じゃない。ベンチにベテラン選手がひとり座っていると、チームを落ち着かせることができるんだ。ただし、フィールドプレーヤーだと、試合展開次第では投入することがあるので、ベテランで1枠使うのはもったいない。だけど、GKなら、ベテランが競争に勝って先発を奪えば起用すればいいし、仮に2番手以下になったら試合出場の可能性は低いので、正GKへのアドバイス役やチームのサポート役に徹してもらう。楢﨑なら、性格的にそういう役割もできるからね」

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月20日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。