「新鮮組」代表・岡本重明が語るTPP「黒船より官僚や農協の内なる敵との戦争だよ」

「新鮮組」代表・岡本重明が語るTPP「黒船より官僚や農協の内なる敵との戦争だよ」
農協の旧態依然とした体質に反発し、独自に生産から販売まで手がける「新鮮組」を立ち上げ闘ってきた岡本重明氏
戦々恐々、日本の経済に激震が走るTPP問題。特に国の基盤である農業の分野においては、異論反論、賛否がわかれている。TPP参加で日本の農業はどうなるのか? 賛成を過激に訴える維新農業経営者・岡本重明氏に聞いた。

***

渥美半島は日本でも有数の農業地帯。愛知県田原(たはら)市の農業生産出荷額は市町村別で全国1位、地元の「JA愛知みなみ」も農産物販売高で年間約500億円を売り上げる日本最大の農協である。

「もともとこの辺りは半農半漁の地域だったんだよ。価格補償があるコメではなく、補償のない野菜栽培に挑戦して成功した人が多い。補償を当てにして『守る』よりも、自分の才覚で『攻める』漁師的な気質があったんだろうな」

だが、その農協の旧態依然とした体質に嫌気が差し独自に生産から販売まで手がける「新鮮組」を立ち上げ闘ってきた自負がある。日本の農業を衰退させた最大の原因は農協の存在だと憤る。

「個別補償なんていらないんだ。ほかから補填されなきゃ成り立たないなんて会社なら倒産だよ。農協は国の保護政策や補助金を利用して、実態がない形だけの農家を守ってきた。日本の補償金額は単位面積当たりでEU諸国の10倍。農業を騙(かた)った“生活保護”で守ってるのは自分らの利権だろ」

その農協はTPPに反対の立場を取っている。すべての貿易品目の関税がゼロになれば生産コストの安い海外の安価な農産物が大量に輸入され、競争力のない日本の農産物は崩壊するという主張だ。...続きを読む

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2013年9月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。