バレンティンのホームラン記録更新に世界各国で意外な反応?

9月15日、ヤクルトのウラディミール・バレンティン(29歳)が今季56本目となる本塁打を放ち、1964年に王貞治氏(元巨人)が打ち立てたプロ野球のシーズン最多本塁打記録55本を49年ぶりに更新した。

85年のランディ・バース(元阪神)、2001年のタフィ・ローズ(元近鉄)、02年のアレックス・カブレラ(元西武)―今までに3人の外国人選手が“55本超え”に挑戦してきたが、露骨な四球攻めに遭うなどして誰も記録を破ることができなかった。しかし、バレンティンはこの“聖域”をわずか出場113試合で乗り越えてしまったのである。

今回の記録達成には海外の野球ファンも大いに関心を寄せている。

「アメリカの野球ファンの多くは過去の例からして、そう簡単にサダハル・オーの記録を抜くことはできないだろうと見ていました。つまり、55本が特別な数字であるということも知った上で注目していたのです。しかし、今回はあっさり記録更新となりましたよね。そのことに少なからず驚きの声が上がり、『日本の野球も変わった』とさえ言う人が多くいます」

また、「あのバレンティンがやっとここまで……」と大砲の覚醒に目を見張る人も。

「07年当時、彼は在籍していたシアトル・マリナーズで、超一流スラッガーの可能性を持つ若手有望株として将来を嘱望(しょくぼう)されていた。しかし、パワーはあるけど打撃技術は未熟なまま3年を過ごし、いつしかファンにも忘れられていました。その彼が海を渡り、日本記録を達成するまでに覚醒。今やメジャーに復帰すれば、間違いなく活躍できるという意見が圧倒的に多いですね」(福島氏)

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2013年9月29日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。