「コップのフチ子」が大ヒット! 奇譚クラブ主宰・古屋大貴が明かす商品化のポイントは「出オチ」

「コップのフチ子」が大ヒット! 奇譚クラブ主宰・古屋大貴が明かす商品化のポイントは「出オチ」
「コップのフチ子」や土下座ストラップを大ヒットさせた古屋大貴氏のモノづくりの秘密とは?
超精密フィギュアから完全脱力ストラップまで、今、大人の間で静かなブームを呼んでいるカプセルトイ。なかでも、「コップのフチ子」シリーズは累計440万個の大ヒットを記録した。その企画・制作を手がける奇譚クラブ主宰・古屋大貴氏に聞いた。

***

―奇譚クラブってどんな会社?

古屋 うちは変態しかいませんね。普通の人はクビにしてますから(笑)。

―土下座ストラップやフチ子さんなど、どのような企画会議で商品化が決定されているのでしょうか?

古屋 出オチです。出した瞬間に笑いが多かったら採用。土下座のキン肉マンは満場一致で採用でした。

―キン肉マンやフチ子は、裏面まで造形されてますよね。見えないのに!

古屋 見えないところまで塗ったり、素材を貼ったりするのがうちの社風なんです。コスト無視で、大手にはできないことをやるのが、うちの変態性なんですよ!

―なるほど。しかし、フチ子がヒットして会社が大きくなると、やりたいことができなくなるのでは?

古屋 今、会社の売り上げが14億円。これ以上増えると、ふざけることが不可能。そこで今年の目標は、“売り上げを下げよう、利益を上げよう! そしてふざけよう!”でやってますね。

―今まで制作した製品で思い出のものは?

古屋 フィギュアイラストレーター・デハラユキノリさんの「デハラユキノリプレゼンツ 世界のパンチラ ストラップ」ですね。以前、スーパーの前で子供が泣いてたんですよ。何事かと思ったら、この世界パンチラが欲しいって。もちろん、このシリーズはスーパーから撤去されちゃいました。会社が大きくなりすぎると、こういう土手に落ちてたエロ本みたいに、いい意味でドキドキできる製品が作れなくなるんですよね。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2013年10月31日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。