楽観的は危険? ネガティブ思考の人が長生きする理由

悩みなんてまったくなく、いつでも楽観的。どんな不安な夜もぐっすり寝ることができる――、そんな図太い神経の持ち主をうらやましく思っている人も多いだろう。

大部分の人は、多かれ少なかれ「ネガティブ思考」の持ち主のはず。だが、そんな人ほど楽観的になれるひとつのデータがある。ドイツ、エアランゲン=ニュルンベルク大学の研究チームによると、意外にもネガティブな人間のほうが長生きするという。

4万人を対象に、「5年後の人生をどれだけ楽観しているか」を回答してもらい、その人たちが5年後どれだけ健康かを調査。すると、将来を楽観的にとらえていたグループは悲観的に考えるグループに比べ、体に障害を生じていた割合が9.5%高く、死亡するリスクも10%高いことが判明した。

研究チームは、「将来に対して悲観的である人のほうが、より注意深く生きるようになり、健康や安全面に対する注意が高まるのではないか」という。そう、他人から「お前はネガティブだなぁ」と言われたら、それは「注意深いヤツだなぁ」というホメ言葉だと受け取ればいいのである。

また、「寝る子は育つ」という言葉があるように、たくさん寝ることが健康の秘訣のように思われているが、実は「早死する」という研究結果もある。

米国で100万人以上を対象に行なわれた睡眠時間と寿命に関する調査によると、一日6時間半~7時間半の睡眠をとっている人が最も死亡率が低いことが判明した。この時間を上回っても下回っても死亡率は高まり、睡眠時間が7時間半以上の人は、理想的な睡眠時間の人と比べて死亡率が20%もアップしたのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週プレNewsの記事をもっと見る 2013年11月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら