丸岡いずみが告白するうつ病のリアル

日本テレビ在局中、『情報ライブ ミヤネ屋』などのニュースキャスターを務め、“奇跡の38歳”(当時)として人気を博した丸岡いずみ。

しかし、2011年8月29日放送の『news every.』に出演後、謎の長期休養に入ってしまう。後に体調不良とアナウンスされたが、実はうつ病だったのだ。丸岡氏に聞いた。

―著書『仕事休んでうつ地獄に行ってきた』では、うつ病になってからの心理状況や、精神病院に入院していたこと、さらに自殺も考えたことなど、かなりあけすけに語っています。どうしてここまで書こうと思ったんですか?

「私がうつ病になったとき、ワラをもつかむ気持ちで関連書を探したんですが、当事者が書いた本ってすごく少ないんですね。同じ悩みを持つ人たちの参考になればと思ったのがキッカケです。あと、主人(映画コメンテーター・有村昆さん)が背中を押してくれたことも大きかったですね」

―本を執筆するとき、当然うつ病だった頃を振り返らないといけないと思いますが、その作業はしんどくなかったですか?

「私の場合は逆にデトックスというか、全部吐き出すことでスッキリした感じはありました。ただ、東日本大震災に関する部分だけは最後に書くって決めていたんです。精神科の先生に『(うつ病の苦しさが)フラッシュバックする恐れがある』と言われていたので、そこだけは細心の注意を払いました」

―やはり、原因は震災取材だったんですか?

「それもあったと思います。震災の翌日には取材で被災地のひとつ、岩手県・陸前高田市に入ったのですが……。自衛隊や警察がまだ到着していない場所もあり、ご遺体が数多く残されていました。地元の方が毛布や布団をかけただけの状態で、想像以上に凄惨な現場でしたね。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

丸岡いずみのプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「丸岡いずみ」に関する記事

「丸岡いずみ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「丸岡いずみ」の記事

次に読みたい「丸岡いずみ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク