新制度めぐって日米対立! マー君、メジャー移籍消滅危機のゆくえ

楽天・田中将大投手(25歳)の、今オフの米メジャーリーグ(MLB)移籍に暗雲が漂っている。原因はポスティングシステム(入札制度)をめぐる日米球界の対立だ。何がどうなっているのか?

「同制度は2年の契約期間ごとに更新されており、昨年末に更新されるはずでしたが、失効したままでした。そこで、新制度の成立のためMLBと日本プロ野球機構(NPB)は交渉を続け、合意しかけていた。

ところが、11月1日に労組・日本プロ野球選手会側が『選手にとってメリットがない』と反発。結局、選手会側も妥協する形で14日に受諾しましたが、回答が遅れたためMLB側の風向きが変わり、同制度を白紙撤回、田中の今オフの移籍が危ぶまれているのです」(スポーツ紙・メジャーリーグ担当記者)

この騒動について、メジャーリーグ評論家の福島良一(よしかず)氏は「日本側の対応の遅れに問題があった」と語る。また、ある球界関係者は「選手会がFA(フリーエージエント)短縮などを交渉材料にゴネたのは失敗」と、選手会側のミスを指摘する。

その選手会が難色を示した「新プラン」の内容は次のとおりだ。

・最高額を入札した1球団が独占交渉権を得られる。

・日本の球団が得られる移籍金は落札額と2番目の入札額の中間。

・落札球団と選手の交渉が破談した場合、落札球団がMLBに対して最高200万ドル(約2億円弱)の制裁金を支払う。

確かに、ベストな改正案とはいえないし、選手会側もメリットがないと主張しているが、移籍金の高騰を抑えられ(その分、選手に支払われる給料が増える可能性がある)、妨害入札(獲得意思がないにもかかわらず他球団の当該選手獲得を阻止するための入札)を予防する効果も期待でき、選手にとってはベターともいえるプラン。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2013年11月29日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。