Tehuの「残念ながら、アイドルヲタです。」第9回:アイドルが人気になる過程を、スティーブ・ジョブズの復活劇から考えた

Tehuの「残念ながら、アイドルヲタです。」第9回:アイドルが人気になる過程を、スティーブ・ジョブズの復活劇から考えた
へたれキャラから総選挙1位まで登り詰めた指原莉乃。彼女とアップル創業者・スティーブ・ジョブスの共通点を、Tehuが語る
連日の忙しさでちょっと体調を崩してしまったTehuです。ですが、今回も濃い内容をお届けします!

前回は「ベンチャー企業と投資家」の関係が、「女性アイドルとヲタ」の関係にとっても似ているのではないかという僕の持論を紹介しました(※記事リンクは下にあります)。

ただ、少し話が抽象的だったので、わかりにくい部分もあったかもしれません。そこで今回は具体的な事例(誰もが知っているあの会社!)を引用しながら、女性アイドルの未来について考えてみたいと思います。

11月1日に公開された映画『Steve Jobs』は、2011年に亡くなったアップル創業者・スティーブ・ジョブズの生き様を描いた作品です。大学中退から共同創業者であるウォズニアックとのアップル設立、CEO解任から奇跡の復活劇まで、彼の人生がたどった紆余曲折がとても見事にまとめられています。

すごく有名なストーリーではあるのですが、ご存じない方のためにざっくりと説明しておきます。

当初はまったく注目されなかったアップルの「パーソナルコンピューター」という発明も、イベントやメディアでの宣伝の甲斐あって一気に知名度が広まり、アップルには投資が殺到。法人化からわずか3年でIPO(株式公開)を果たし、ジョブズは20代にして億万長者の仲間入りを果たします。

しかし、栄華を極めたと思った矢先につまずいてしまうのが人の世の常。ジョブズは販売戦略の失敗や、その「ウザい」人柄が災いして、1984年、30歳にしてアップルを追い出されてしまいます。しかし、アップルは90年代に業績が低迷。呼び戻されたジョブズは暫定CEOに就任し、iMac、iPod、iPhone、iPadに代表される、文字通り世界を変えた製品群を発表。時価総額世界一位の企業にまで成長させて亡くなりました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

倉野尾成美のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る 2013年11月29日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「古畑奈和」のニュース

次に読みたい関連記事「古畑奈和」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「古川愛李」のニュース

次に読みたい関連記事「古川愛李」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「村山彩希」のニュース

次に読みたい関連記事「村山彩希」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。