ピーター・アーツ×谷川貞治 K―1創成期から崩壊まで年間「帝王」であり続けた奇跡の男の物語

「立ち技最強」を決めるK-1の歴史において、その“象徴”として激闘を続けてきたピーター・アーツが、今月21日の『GLORY13TOKYO』をもってついに引退する。引退試合を前に、激しすぎた20年間を、アーツ自身に振り返ってもらった。

さらに、その間、最もアーツを間近で見てきた男――K-1立ち上げから崩壊まで常に渦中にあったプロデューサー・谷川貞治氏に、時代ごとのアーツの思い出とK-1の裏舞台を語ってもらった。

【1】来日。そして連覇(93~95年)

1992年。当時のキックボクシング界は、“8年間無敗”モーリス・スミスがトップを走り続けていた。しかし、そんな“レジェンド”をひとりの若者が倒した。21歳のピーター・アーツだった。

翌93年、アーツは大きな注目を浴びながら第1回K-1グランプリに出場する。

―アーツ選手は最初から優勝候補といわれていました。

アーツ うん。でも結果は失敗だった。当時の俺は5ラウンド制に慣れていて、でもK-1は3ラウンドだったから、スタートをかけるタイミングが遅かったんだ。

―しかし翌94年と95年は圧倒的な強さを見せて優勝。みんな「アーツってスゲーなあ!」と大騒ぎしていました。

アーツ ふふふ(笑)。でも特別なことではなかった。「試合をして、勝つ」という、とても普通の、単純なことです。

―まだ20歳ちょっとで優勝候補といわれ、プレッシャーは?

アーツ 今までプレッシャーを感じたことはないね。ほかの選手は緊張して眠れないこともあるらしいけど俺はそういう経験は一度もない。「1時間後に試合してくれ」と言われたら、すぐに平常心でグローブをつけられるよ。
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。