福島第一原発事故の作業員は給料をピンハネされていた!

4号機の使用済み核燃料取り出しが始まり、事故処理の大事な局面に入った福島第一原発(フクイチ)だが、その収束作業に必要な作業員の人員確保が、「低賃金のために厳しい」という話が出ている。

それほどまでに、フクイチの作業員は低賃金なのだろうか?

東電は事故以降、「防護服の着用や高線量下での作業など、厳しい作業環境や作業条件を考慮して(中略)割増した工事費にて請負契約を締結している」(東電総務部広報グループの回答)と強調している。つまり、高線量の被曝を伴う作業に従事する人たちには「危険手当」がつくということだ。

具体的には、フクイチ内の事故収束作業と、国(環境省)が直轄で行なう高汚染地域での除染作業に限り、1人当たり1日1万円(東電は12月以降、2万円に増額するとした)が支給されることになっている。これは給料とは別枠に、環境省からそのまま作業員に支払われる手当といっていい。

だが、原発事故発生後、潜入取材を兼ねて2012年春からフクイチで働き始めたジャーナリスト・桐島瞬さんの日給は当初、1万円。つまり、桐島さんに支払われていたのは事実上、危険手当分だけとなる。

福島県内のハローワークで見つけたというこの仕事、桐島さんを雇用していたのは4次下請け(=玄孫[やしゃご]請け)のプラントメンテナンス会社である。

「しかも、働いているうちに雇用保険や労災保険などの名目で日給が目減りし始め、1年近く働いた後に辞める時には9000円近くにまで下げられました。最後は危険手当からもピンハネされていたことになります」(桐島さん)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク