【新春インタビュー】芥川賞作家・西村賢太「僕は“仕方がない”から風俗に行っているんです」

【新春インタビュー】芥川賞作家・西村賢太「僕は“仕方がない”から風俗に行っているんです」
 2011年、芥川賞受賞会見の際に発した名言(迷言?)、「そろそろ風俗でも行こうかな」で話題を集めた小説家・西村賢太氏。あれから3年経った今でも彼は、風俗に通い続けている。

 しかし、有名になったこと、年齢を重ねたことでその習慣にも“ある変化”が生まれているそうだ。

***

■女のコに正体がバレたら、ハードなプレイがしにくくなるでしょう?

――最近はどれくらいのペースで風俗に通っているんですか?

西村:もっぱら、月2、3回ぐらいでホテトルに通っています。事前に『東スポ』や『アサ芸』の風俗ページの広告欄を見て、3万~3万5000円のコースをよく選びますね。

――今や西村さんは芥川賞作家の有名人です。風俗遊びもしづらくなってるのでは?

西村:いやいや、もう今さらという感じなんで、周りからどう見られても構わないと思っていますよ。でも、芥川賞を獲った直後に風俗に行ったときはさすがに警戒しました。こっちの正体が女のコにバレてたら、人格が疑われるような変な強要プレイはできないでしょう? 風俗で働くコって、意外と口が軽いところあるんですよ。聞いてもいないのに、「昨日、有名人の○○が来た」とか平気でバラしますからね。だから、最初にそれとなく小説の話を振ってみたんです。そしたら、小説なんてまったく興味がないという反応だったので、「あ、これならイイや」と(笑)。

――なるほど。ちなみに、西村さんはどんなタイプの女のコがお好みで?

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2014年1月3日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。