川内優輝に完勝した無名の国立大“帰宅部”ランナーを直撃!

「実業団トップ選手の出場していない市民マラソンだし、当然、川内選手が1位で帰ってくるだろうと待ち構えていたら、見たことのない選手がぶっちぎりでゴール。会場中が『あれは誰?』とキョトンとしていました(笑)」(たまたま観戦していた本誌記者)

日本マラソン界にまたひとり、異色のホープが出現した。

1月12日に行なわれた谷川真理ハーフマラソン(東京・荒川河川敷、21・0975km)で、優勝間違いなしと見られていた“最速公務員”川内優輝(26歳・埼玉県庁)に1分8秒もの大差をつけて優勝したのは、無名の国立大学生、京都教育大学2年の池上秀志(ひでゆき・20歳)だった。

「9km過ぎの上り坂でスパートを仕掛けて川内を振り切り、残りを1km3分ペースの単独走で押し切った。“強い”勝ち方です」(スポーツライターの折山淑美[としみ]氏)

2大会連続世界選手権代表の川内をして、レース後、「完敗です」「新年早々、がつんと頭を殴られた」と言わしめた彼は、いったいナニモノ?

池上は京都の洛南高校出身。昨年、“世界最速高校生”として話題を呼んだ桐生祥秀(きりゅうよしひで・18歳)の2年先輩に当たる。

全国高校駅伝に3度出場していますが、特に目立った成績は残していません」(折山氏)

近年の陸上界では、絶大な人気を誇る箱根駅伝の影響で、有望な高校生のほとんどが関東の一部私大に進学している。だが、池上は「マラソンを目指すから箱根駅伝に興味がない」と地元の国立大学に進学。そして、昨年10月には

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。