「暴力問題」から1年。日本の女子柔道界は“ゆるゆる”になった

女子柔道強化選手による暴力告発問題から1年が経過しようとしている。15名の女子選手の告発により明らかにされた、元全日本女子ナショナルチーム監督・園田隆二(そのだ・りゅうじ)氏ら指導陣の女子選手に対する暴力行為。竹刀で殴打、顔面への平手打ちなどのほか、髪の毛を鷲づかみにしながら「おまえなんか柔道やってなかったら、ただのブタだ」などの暴言を浴びせていたことが判明し、園田前監督は辞任に追い込まれた。

件(くだん)の騒動について、20年以上、柔道ナショナルチームを取材するベテラン記者は、こう振り返る。

「いいか悪いかは別として、柔道界である程度の暴力的指導が日常的に行なわれていたのは事実。ただ、園田監督のケースは暴力以前に、厳しい指導法に多くの女子選手が不満を抱えており、それが絡んでいるだけにややこしい。園田監督は常々、谷亮子氏の現役時代を持ち出し、『あれくらい練習しないとメダルは獲れないぞ』とはっぱをかけていたんですが、谷の練習は質・量ともにすさまじかった。正直、今の選手にあの練習をさせるのは無理があります」

園田監督に限らず、女子柔道界にはつい最近まで、五輪でメダルを獲るには谷氏くらい練習をしないといけない、というコンセンサスがあったといわれている。しかし、ロンドン五輪(2012年)の頃には世代が一新。彼女の“鬼練”を知る現役選手はほぼいなくなっていた。

「今の選手にとって、園田監督の指導は前時代的で、ただのむちゃぶりです。自分の考えを理解されず孤立していく園田監督は焦るあまり行き過ぎた指導をし、選手はますます監督を嫌う……。暴力は許されませんが、そんな負の連鎖があったことは、園田監督と選手にとって不幸だったと思います」(前出・記者)

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。