イタリアでの本田バッシングが厳しすぎる理由

ド派手な入団会見から約2ヵ月半、イタリアのACミランで順調なスタートを切ったはずの本田圭佑が、現在、現地メディアから厳しい声を浴びせられている。

「本田はミランが獲得するようなレベルの選手ではなかった。ピルロ、セードルフ……。これまでACミランに所属した選手とは才能もメンタリティも次元が違う。テクニックはいいものを持っているが、テンポが悪すぎる。チームのことを考えたら、もっと守備のできる選手を獲得すべきだった」(テレビ局『スカイスポーツ』の解説者、マッシモ・モウラ氏)

「なかなか活躍できない本田をセードルフ監督は『外国人選手がイタリアのサッカーに慣れるのには時間がかかる』と擁護しているが、もう2ヵ月以上が過ぎようとしている。ジダンも慣れるのに時間がかかったというが、ジダンがセリエA(ユヴェントス)に来たのは24歳。でも、本田は27歳だ。今マックスの力を出さないで、いつ出すつもりだ?」(サッカー専門サイト『カルチョ・メルカート』)

さらにファンサイトには「ケイスケ・ホンダ?」というタイトルのスレッドが立ち、「無用」「スピードも闘志もない」「ミラネッロ(ミランの練習場)で寿司でも握ってろ」と、容赦のないコメントが並ぶ。

移籍当初は大歓迎されていた本田が、なぜこんな評価を受けているのか。イタリア在住のジャーナリスト、宮崎隆司氏はこう語る。

「イタリアメディアの手のひら返しは日本の比ではありません。入団時にあれだけ持ち上げられたからこそ、その反動で今は厳しい評価になっているんです。そもそもイタリアのスポーツ報道は“娯楽”としての側面が非常に強く、表現も大げさになります。また、本田が10番を背負っているため、かつての10番、ボバンやルイ・コスタ、セードルフと比較されてしまうことも大きい。当時と現在では、チームの置かれた状況自体が違うのですが……」
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。