4連敗の楽天ドラ1・松井裕樹。二軍落ちにも同情の声

2年前の夏、高校2年生ながら甲子園で奪三振記録を2年前の夏、高校2年生ながら甲子園で奪三振記録を樹立し、満を持して今季、楽天入りした松井裕樹(ゆうき)。キャンプ、オープン戦では150キロの速球と鋭く落ちる変化球を武器に、投げるたびに好結果を残し、辛口の星野仙一監督でさえ、

「文句のつけようがない。開幕投手だって冗談じゃなくなるぞ」

とベタ褒め。さすがに開幕はエースの則本(のりもと)に譲ったものの、当然のように先発ローテーション入りし、「ケガさえなければ新人王は当確」(スポーツ紙デスク)というほどの前評判だった。

ところが、いざ開幕すると3試合で15四球と、別人のようにコントロールが定まらない。3連敗の後、「次が最後のチャンス」(星野監督)と言われて臨んだ4月23日の西武戦も、なんと初回に押し出しを含む5四球……。一部報道で“ノーコン病”という厳しい見出しが躍るなど、周囲の評価もかなりグラついてきている。

やはり、いくら高校生相手に三振を奪えても、プロとしては実力が足りないのだろうか?

「というより、球団も星野監督も、彼にプレッシャーをかけすぎです(苦笑)。いくらスーパールーキーといっても、まだ高校を卒業したばかりの18歳。選手として“完成品”ではないんですから」(スポーツ紙・楽天担当記者)

何しろ楽天は、大エースとして君臨していた田中が昨オフにメジャーへ流出。いろんな意味で、その“穴埋め”に必死なのだ。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。