カープレジェンド・ 佐々岡真司「今年優勝すれば、弱小から常勝軍団に変わります!」

1991年の優勝から苦節23年、あの強かったカープが完全復活のときを迎えようとしている。最後に勝利の美酒を味わったエース、佐々岡真司氏が語る、当時と現在の共通点とは――。

■神経質な野村監督の下、緻密な“広島野球”

今年は広島の街に飲みに出かけると、市民の盛り上がりが本当に違います。

僕自身も、「今季のカープは、このまま優勝までいけますか?」とファンから何度も聞かれました。チームの快進撃のおかげで、僕が取材してもらう機会も増えましたからね(笑)。

今季の好調は、就任5年目の野村謙二郎監督のやりたい野球が浸透してきたことが大きい。去年3位に入り、クライマックスシリーズでは甲子園で阪神に2連勝。Bクラスに15年間沈んでいた壁を突き破り、若いチームは自信をつけたと思います。

開幕前の春季キャンプでは、選手たちの意気込みが明らかに例年と違いました。

「広島の練習は厳しい」という話は、みなさんも聞いたことがあると思います。

実際、僕が入団した90年、山本浩二監督の頃は“地獄のキャンプ”でした。朝9時に練習が始まり、2、3時間走りっぱなし。怖いコーチがいて「失敗したら、どやされる」ってビクビクしていましたよ(笑)。

ところが、今は他チームもよく鍛えられていますし、カープ伝統の厳しい練習も、06年にブラウン監督が就任して変わりました。

ただ、カープには「広島野球」といわれる緻密さが受け継がれているんです。今年のキャンプでは状況別の守備&走塁練習、サインプレーなど、内容の濃い練習が繰り返されていました。その成果がシーズンに入り、守備のファインプレー、好走塁につながっています。野村監督は神経質な方で、いろいろと細かいんですよね。
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク