W杯“最強”ジンクスを発見! 「白髪+メガネ→ハゲ」の法則を知っているか?

W杯優勝には、ジンクスという大きな壁が立ちはだかる。そのジンクスだけで今回の優勝国を予想してみよう。

有名なところでは、「南米開催のW杯では南米の国が優勝する」。過去4度の南米開催のW杯(1930年ウルグアイ、50年ブラジル、62年チリ、78年アルゼンチン)では、すべて南米勢が優勝している。今回も南米優位は変わらない。

そして、「W杯開催経験のない国は優勝できない」。優勝経験のある8ヵ国(ウルグアイ、イタリア、西ドイツ=現ドイツ、ブラジル、イングランド、アルゼンチン、フランス、スペイン)は、いずれも自国でW杯を開催したことがある。今大会、以上のふたつの条件をクリアしているのはブラジル、アルゼンチン、チリ、ウルグアイの4ヵ国だけだ。

優勝国の監督にもジンクスがある。なぜか「外国人監督の下では優勝できない」のだ。確かに、前回南アフリカ大会王者スペインのデル・ボスケ監督以下、06年ドイツ大会優勝国イタリアのリッピ監督、02年日韓大会優勝国ブラジルのスコラリ監督、98 年フランス大会優勝国フランスのジャケ監督などなど、これまですべての大会で自国の監督が母国を優勝に導いている。今大会、前述の4ヵ国ではチリが外国人監督(アルゼンチン人のサンパオリ監督)に指揮を委(ゆだ)ねている。ということで、残るはブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ。

ここで驚愕の法則をお伝えしよう! 注目したのは直近4大会の監督の髪型だ。98年のジャケ監督は見事な白髪。02年のスコラリ監督はハゲ。06年のリッピ監督は見事な白髪。10年のデル・ボスケ監督はハゲ。な、なんと、「白髪→ハゲ→白髪→ハゲの順に優勝している」ではないか! この法則どおりにいけば、今大会の優勝監督は白髪ということになる。開催国ブラジルのスコラリ監督(ハゲ)は、ここでまさかの敗退!

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。