あのお菓子も内容量減! カカオ供給不足の深刻化でチョコが食えなくなる?

この夏から、大手菓子メーカーがチョコレート菓子の一斉減量に踏み切る。

まず、明治が7月8日から計10商品の内容量を5~10%減らす。例えば、板チョコの定番品「ミルクチョコレート」は縦と横の長さが約1cmずつ短くなり、現行の55gから50gに軽くなる。売れ筋のロングセラー商品「アーモンドチョコ」はひと箱23粒から21粒に減らすなどして8g減量。同商品は9g減らした2012年4月に続く“再減量”となる。

森永製菓も8日から3ブランド14品を一斉減量。「チョコボール」のピーナッツが25gから24gに、キャラメルが29gから27gになり、1粒のサイズが微妙に小さくなるほか、「ダース」も粒数(12粒)はそのままに、3gほどダウンサイズされる。

ロッテは8月5日から人気の大袋3品を減量。「コアラのマーチ(12袋入)」が個数にして計12個、「トッポ(10袋入)」が計8本、「パイの実(18袋入)」が計6個少なくなる。9月2日には板チョコの「ガーナミルク」が55gから50gに小さくなる予定だ。

こうした減量の動きは今に始まったことではない。

例えば、明治の「マカダミア」は12年4月に10粒から9粒に、ネスレの「キットカットミニ」も07年中に17 枚入りから16枚、15枚と段階的に減り、今年3月には1枚のサイズが約6%小さくなった上で、とうとう14枚にまで減らされている。

ここ数年続いていた減量の動きが、今年7月に入って急加速しているのだ。今、チョコレート業界で何が起きているのだろう。

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク