季節の変わり目で、古傷が疼(うず)くのには理由があった!

「雨で古傷が痛む」。よく聞く話であり、当たり前のこととして捉(とら)えている人も多いかもしれないが、これってマジでヤバいサインなのでは? 梅雨時に不安に駆られた週プレ記者は、東京・世田谷井上病院の井上毅一(きいち)理事長を直撃して聞いた。

■古傷は完治しない? 気圧の変化が痛みを左右する!

――実は、学生時代に泥酔して後頭部を11針縫ったことがありまして……。雨で古傷が痛むんですけど、し、死んだりしませんよね?

井上 まあ、落ち着いて(苦笑)。

――そもそも古傷って?

井上 医学的に言えば、過去に負った外傷のことです。創傷と呼ばれる切り傷をはじめ、内出血、骨折、打撲、熱傷、凍傷など、さまざまな種類があります。

――完治しているはずなのに傷口が疼(うず)くのはどうしてですか?

井上 たとえ傷口がしっかりふさがっていても、古傷周辺の皮膚や筋肉に傷は残ってしまうんです。そういった部分は血液の流れが悪くなったり、収縮がうまくいかなかったりすることで、古傷の周囲にある神経が刺激されて疼くのだと考えられています。

――筋肉に傷がついていたなんて……。では、どうして特に梅雨に古傷が痛みだすんですか?

井上 気圧が低下して天気が悪くなると、交感神経の活動が活発になります。するとノルアドレナリンという物質が分泌され、血管の収縮が起こって血行不良になります。そうすることで古傷周辺の痛みを感知する神経が刺激され、古傷が痛みだすのです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週プレNewsの記事をもっと見る 2014年7月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。