ダルビッシュ発言で波紋! マー君をつぶしたメジャーの“旧弊なシステム”に問題あり?

右肘の異常を訴え、戦線離脱を余儀なくされたヤンキースの田中将大投手。

「日本で高校時から投げ過ぎていたのでは?」「いや、入団時のメディカルチェックでは何も問題なかった。メジャーのマウンドが日本と比べて硬すぎるからでは?」「使用球が日本のものより滑りやすいため強くボールを握って肘に負担がかかった」……など、さまざまな意見が飛び交う。

だが、ここにきて、メジャー特有の問題が強く影響しているのでは?との声があがってきている。

というのも、田中に限らず、ここ最近のメジャーでは故障する投手が続出しているのだ。

メジャー某球団の国際スカウトがこう指摘する。

「メジャーはキャンプでも『投げ込み禁止』を徹底するなど、投手を大事に調整させます。ところが近年は、日本人のみならず、アメリカ人投手らにも目立って故障が増えているんです」

それを象徴しているのが、「トミー・ジョン手術」を受ける投手の爆発的な増加だ。傷ついた靭帯を再建するため、ほかの部位の腱(けん)を切り取って移植する手術であり、復帰には1年から1年半という長いリハビリ期間を要する。

メジャーリーグ評論家の福島良一(よしかず)氏はこう語る。

「肘の靱帯断裂が明らかに増えたのはここ5年くらいでしょうか。特徴は、その多くが若い剛腕投手だということ。例えば2010年のストラスバーグ(ナショナルズ=当時22歳)、2013年のハービー(メッツ=同24歳)、今年でいえばムーア(レイズ=同24歳)、フェルナンデス(マーリンズ=同21歳)など、いずれも20代前半でメジャーのトップをうかがうレベルの投手です」

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。