“ヒゲ軍団化”で好調の阪神、逆転優勝のカギはつけヒゲにあり?

阪神が巻き返している。交流戦では12球団で最下位タイだったのに、7月に入るやまるで別チームに変身。7月は28日時点までで19戦14勝5敗という勢いだ。

快進撃の原因をスポーツ紙の虎番記者がこう説明する。

「ひとつは打線の復活。交流戦ではパ・リーグのエース級投手とばかり当たり、打線がズタズタになってしまった。ところが、交流戦後はセ・リーグのローテの谷間に出てくる二線級投手とも対戦。これを打ち崩している間に打線が自信を取り戻してきたんです。

もうひとつは和田監督の非情な采配ぶり。これまでは実績を重視していたのが、7月に入ると、経験がなくても調子のいい選手を起用するようになった。例えば、ケガから復帰した主力の西岡に守備の不安があると見るや、若くても勢いのある今成を使っている。こうした勝負に徹した和田監督の采配が勝ち星につながっています」

だが、週プレは別の理由があると考えている。それはズバリ、ヒゲだ!

現在の阪神ナインを見ると、1番上本、クリーンアップの鳥谷、ゴメス、マートン、7番の今成……ヒゲ面ばかりだ。投手陣も、チームの勝ち頭である岩田とメッセンジャーをはじめ、ベテランの安藤もやはり、ヒゲを伸ばしている。

前出の虎番記者が“ヒゲ軍団化”の理由をこう話す。

「5月中旬くらいから、マートンとゴメスが達成したい目標があるからと、願掛けとしてヒゲを伸ばしはじめたんです。そして、それを見ていた岩田が7月にヒゲ面で登板したのですが、それ以降、なんと4連勝。気がつけば、今では2番大和、6番福留、8番梅野以外の多くの主力がヒゲを生やすようになった」
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月30日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。