あの夏、甲子園の主役は俺だった! 80年優勝投手・愛甲猛が語る「野球漬けのなか、スキあらば必死に遊んだよ」

あの夏、甲子園の主役は俺だった! 80年優勝投手・愛甲猛が語る「野球漬けのなか、スキあらば必死に遊んだよ」
ニコニコ動画の解説などで、今も高校野球の試合を数多く観戦する。野球への情熱は衰えない
酷暑が続くなか、高校野球も日増しに盛り上がってきた。その夏ごとに甲子園の顔、ヒーローが生まれ、頂上を目指して熱い戦いが繰り広げられる。

1980年、あの夏の甲子園は左腕エース・愛甲猛(あいこうたけし)擁(よう)する横浜高校が栄冠を勝ち取った。“甲子園のアイドル”として人気を博した愛甲氏だが、プロ野球を経てほぼ四半世紀ーー今だからこそ語れる“青春”、野球漬けだった当時を振り返った。

――甲子園で全国制覇した愛甲さんですが、当時は悪ガキだったようですね?

愛甲 いやいや。横浜高校は野球部の合宿所があって、40人くらいの部員が入れるんです。僕は3月の合格発表の日からいきなり合宿入りを言われたので、慌てて準備に戻り、勤めに出ていた母に「お世話になりました」と書き置きを残して家を出ました(笑)。

――休日はありましたか?

愛甲 月3回だけ。土曜か日曜の午後から休みになることがありました。翌日の練習試合か、学校の始業までに戻ればよかったので、朝まで遊んでましたね。普段の自由時間は一日30分くらいでしたから。

――たったそれだけ!?

愛甲 1年のときは大変でしたよ。当時は上下関係も厳しかったですからね。

――夏の一番の思い出は、やはり3年夏の甲子園ですか?

愛甲 そうですね。(荒木)大輔の早実との決勝戦はもちろんですが、雨の中で終盤逆転して勝った準決勝の天理戦も思い出深いものがあります。

――甲子園以外では?

愛甲 毎年、神奈川大会が始まる直前の強化合宿がすごかったんですよ。毎朝5時半に起きて、まずグラウンドで1死一、三塁でのサードファウルフライとか、特殊なケースの練習。始業時間になると、主力組は追浜(おっぱま)球場で守備の連携などを練習する。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月17日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。