「餃子の王将」vs「大阪王将」、因縁の“のれん分け戦争”がついに関東でも本格化!

餃子を看板に全国展開している中華料理チェーン店「餃子の王将」(以下、王将)と「大阪王将」。関西では有名な話だが、両店の間には熾烈なる“のれん戦争”があり、その戦火は今、関東地方にも広がってきているという。

まず動いたのは大阪王将。昨年秋に、大衆中華チェーンとしては異例の「代官山出店」で注目を浴び、この6月には恵比寿・広尾エリア、世田谷エリアに宅配専門店をオープンさせるなどの攻勢をかければ、対する王将も7月、関東に拠点工場を作り、今後5年以内に首都圏300店舗構想を発表。バチバチと燃えているのだ。

では、そもそもなぜこの両チェーンに“のれん戦争”が起こったのか? 外食産業に詳しい『Food Watch Japan』編集長の齋藤訓之(さとし)氏に経緯を聞いてみた。

「『餃子の王将』を運営する王将フードサービスは、1967年に創業後、京都を拠点として店舗展開していました。そんななか、大阪を拠点として出店したいという親族にのれん分けする形で生まれたのが現在の『大阪王将』。当初は同じ『餃子の王将』を名乗っていたのですが、現『大阪王将』がチェーン展開し京都にまで出店したのをきっかけに、名称をめぐって裁判に。結局『餃子の王将』『大阪王将』と店名を分けることで和解に至りました」

でも、出店地域などの約束事はのれん分け時に決められていなかったの?

「当時はまだ外食産業界でチェーン化がそれほど一般的でなく『店舗数を増やしすぎると倒産する』という考え方が常識だった時代です。大阪と京都でそれぞれ営業すれば問題はなく、お互いにナワバリ争いをするほど店舗数が増えるときが来るとは想定していなかったのでしょうね」...続きを読む

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2014年8月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。