独占!アントニオ猪木、19年ぶりの北朝鮮大会を語る!「売名行為とか言う人もいるけど、俺はそんなレベルはとっくに超えちゃってますよ」

独占!アントニオ猪木、19年ぶりの北朝鮮大会を語る!「売名行為とか言う人もいるけど、俺はそんなレベルはとっくに超えちゃってますよ」
19年ぶりとなる北朝鮮大会は、日本でもインターネットで生中継されるという
アントニオ猪木のプロレス団体IGFが8月30(土)、31(日)の両日、『インターナショナル・レスリング・フェスティバルin平壌』(柳京・鄭周永体育館)を開催する。猪木が北朝鮮でプロレス興行を行なうのは2度目。前回は1995年に平壌のメーデー・スタジアムで開催した『平和の祭典』で、2日間で合計38万人もの大観衆を動員、伝説の大会となった。

あれから19年、いまだ日朝関係や東アジア情勢は不安定だが、「スポーツ外交」を掲げる“闘魂”は燃え尽きることを知らない。参議院議員会館で猪木を直撃した――。

――まず、北朝鮮大会の前に8月23日(土)の『IGF2』(両国国技館)で石井慧(さとし)vsミルコ・クロコップのIGFチャンピオンシップが行なわれますが、この一戦の展望は?

猪木 そういう質問はヤメてくれよ(笑)。まぁ、石井は「いい青年」ってイメージがあったけど、どんどん青年じゃなくなってきちゃってね、いまひとつ色がハッキリしないんだよな。ミルコはかつてのインパクトもあるし、わかりやすいんだけど。

――プロとして、ハッキリした色が必要ですか。

猪木 昔は、たとえば日本プロレスにフリッツ・フォン・エリックが来るとなったら、それだけで切符が売れたっていうのがあったけど。時代が変わったというのもあるし、興行の体質や発信の仕方を変えていかないと。これだけいろんなメディアが氾濫(はんらん)している中で、人を振り向かせるのは大変なこと。不謹慎かもしれないけど、興行的な見方をしてしまえば、北朝鮮は最高のプロモーターといえるね。彼らの一挙一動に世界中が大騒ぎするんだから。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「レスリング + パワハラ」のおすすめ記事

「レスリング + パワハラ」のおすすめ記事をもっと見る

「レスリング + 女子」のおすすめ記事

「レスリング + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュース

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. レスリング パワハラ
  2. レスリング 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。