素潜りで115m!プロフリーダイバー篠宮龍三が極限の世界を語る 「100mを超えてからのプラス1mは生死を左右する領域になってくる」

素潜りで115m!プロフリーダイバー篠宮龍三が極限の世界を語る 「100mを超えてからのプラス1mは生死を左右する領域になってくる」
しのみや・りゅうぞう 1976年生まれ、埼玉県出身。現在、水深115mの記録を持つプロフリーダイバー。2010年には自身がオーガナイザーとなり沖縄で世界選手権を開催した
空気タンクを背負わずに、ひと息で海深く潜るフリーダイビング。このエクストリームスポーツで、水深115mという驚異的な記録を持つ日本人がいる。

篠宮龍三、37歳。大学生のときに映画『グラン・ブルー』(リュック・ベッソン監督)でこのスポーツと出会い、主人公のモデルとなった伝説のフリーダイバー、ジャック・マイヨールに魅せられてこの世界へ飛び込んだ。

2004年、勤めていた会社を辞めてプロ活動を開始し、08年にアジア人初の100mに到達。09年にはマイヨールの最高記録を超える107mを達成、そして10年にバハマで記録した115mが現在の自己ベストである。

プロ転向11年目を迎え、著書『素潜り世界一 人体の限界に挑む』(光文社新書)を上梓した篠宮に、グラン・ブルーの極限の世界について訊(き)いた――。

――自然を相手にするフリーダイビングは、天候や海況にも大きく影響を受ける、常に死と隣り合わせの危険なスポーツ。その中で115mのダイブに成功したときは、どのような心境でしたか?

篠宮 あのときは大会の最終日で、「全部出しきろう」という思いや「いけるな」っていう感覚があったんです。前日に108mの自己新を出したのですが、結構余裕があって110はいけるという感覚があったので、翌日は115にチャレンジしてみようと。いわゆる「ゾーン」と呼ばれる、完全に集中しきっている状態に入っていて、時間や距離などの感覚もなく無我夢中で一瞬の中にあったようなパフォーマンスでしたね。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。