今年も9月に大失速…“ダメ虎”になった阪神は甘やかしすぎで練習が足らん!

性懲りもなく期待したけど、また裏切られたーー。8月前半までは調子が良かったのに、お約束のようにすっかり“ダメ虎”になり下がってしまった阪神。もはや毎年のことだが、偶然では片付けられない9月の勝負弱さは深刻だ。なんでこうも失速するのか?

ほんの1ヵ月前までは「首位・巨人に肉薄!」ということも何回もあった。しかし、今は背中もかすんで見えない7.5ゲーム差(以下、データはすべて9月21日時点)。このままだと、9月は5年連続の負け越し!

こうなってしまうわけを、いろんな人に聞いてみた。まずは投手陣だ。

「メッセンジャー、藤浪(ふじなみ)、能見(のうみ)、岩田に続く先発の5、6番手が最後まで見つからなかったのも響いた。でも、最大の問題は福原、安藤らベテランに頼りきりの中継ぎでしょう。彼らはよく言えば安定しているけど、決して大化けはしないし、相手に与える怖さがない。そして何より、年間通して投げ切るスタミナがない。夏場以降は明らかに球の力が落ちていました」(セ・リーグ某球団スコアラー)

打線も、鳥谷(とりたに)、ゴメス、マートンのクリーンアップはよかったが、それしかいなかった。

「ケガで長期離脱した西岡の穴を埋めた上本(うえもと)、慣れないサードや外野で頑張った今成(いまなり)も、主軸というほどの存在ではない。結局、目立ったのは投手ではメッセンジャーと呉昇桓(オ・スンファン)、野手ではマートンとゴメス。外国人助っ人におんぶに抱っこでした」(スコアラー)

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。