阪神・次期監督は金本アニキで決定? だがそれを危惧する理由とは…

シーズン終盤、CS(クライマックスシリーズ)がかかった大事な時期にもかかわらず調子を落としている阪神。5年連続9月に負け越しと勝負どころで失速し、みすみす巨人を優勝させることに……。その原因は、選手と監督双方による責任の押し付け合いにあった?

「今年だって、選手たちの勝負どころの試合に臨む表情は引き締まっていた。でも、どこか内心では『負けても自分たちの責任じゃない、監督の責任だ』と思っていたはずです。戦う前から“逃げ道”がある。だから、切羽(せっぱ)詰まったような気迫がチームに生まれないんですよ」(スポーツ紙・阪神番記者)

敗戦後の和田監督は、負けの原因をつくった選手を記者の前でけなすことはしない。代わりにこう言う。

「僕は○○を信じています」

一見、部下に優しい上司のようにも思えるが、よく考えると「信じて使ってるんだから、応えない選手に責任がある」と言ってるようなものでもある。選手は監督に、監督は選手に責任をそれとなく“横流し”。ある意味、真正面から言い合うよりタチが悪いのだ。

「結局、大事な試合で力を出せなかったのは選手自身の問題。ただ、阪神にはそれを叱る存在が球団内にも外にもいないんです。関西圏のメディアで活動する評論家も、次の監督の下でコーチなどの役職に就きたくて“順番待ち”している人ばかりだから、今の首脳陣の批判はしても選手を叩くことはしない。就任したときに嫌われたくないからですよ」(セ・リーグ某球団関係者)

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。