引退の北海道日ハム・稲葉に直撃、伝説のバッティングセンターでダメな自分を変えたい!

引退の北海道日ハム・稲葉に直撃、伝説のバッティングセンターでダメな自分を変えたい!
こちらが伝説のバッセン、愛知・西春日井郡にある「空港バッティング」
9月2日、北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀(あつのり)選手が引退を発表した。2000本安打を達成するなどの実績もさることながら、北海道日ハムのリーダーとしてチームを引っ張ってきた人間力にも定評があった。

そんな稲葉選手の原点ともいえる場所が、愛知県にあるのをご存知だろうか。

それは西春日井郡(にしかすがいぐん)の「空港バッティング」というバッティングセンター(バッセン)。ここはかつて、イチロー選手も通い詰めた伝説的スポットとして野球ファンの間では知られている。

このバッセンは稲葉選手にとってどのような場所だったのか? シーズン中にもかかわらず、なんと本人にコメントをいただいた!

「『空港バッティング』には、小学校のときから高校に入るぐらいまで通っていたので、10年近くお世話になったと思います。イチロー君のように毎日は通ってませんが、小さいときからここで打ち込んだことは間違いなく僕の財産になっています。とにかく野球が好きで、打つことが楽しくてしょうがなかった。僕にとっては、野球の原点といえる場所ですね」

では、学生時代に「空港バッティング」でイチロー選手に遭遇したことは?

「当時、空港バッティングセンターは一番速い球が120キロで、左打席があるのは1ヵ所だけだったんです。だから、何度かイチロー君が打っている姿を見ましたよ。昔は体もそれほど大きくなかったですし、とにかく細かった。それでも、スイングはものすごく速く、ほとんど真芯でとらえていましたね。強烈に印象に残っていますよ。あと、ずっと木製のバットで打っていましたね。でも、お互い見ているだけで、話をしたことはありませんでした」

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。