「どうせならカトパンがよかった!」異動報道から電撃結婚!のショーパンに反対派が多い理由

「どうせならカトパンがよかった!」異動報道から電撃結婚!のショーパンに反対派が多い理由
『スーパーニュース』のメインキャスターに就任することが発表されたかと思いきや電撃結婚でアッと驚かせた生野陽子アナ
ショーパンこと生野陽子アナ(フジテレビ)の結婚報道に大ショックの方も多いことと思うが、お相手の中村光宏アナは同期入社で以前から交際のもあり、写真週刊誌にすっぱ抜かれたことも。

10月から夕方の報道番組『スーパーニュース』のメインキャスターに就任することが発表された際も波紋を呼び、様々な憶測が飛び交ったが、同じ『めざましテレビ』担当で、結婚後もカップルを同部署にいさせるわけにはいかないという会社側の配慮だったとも推測される。

そんな注目の中、朝から夕方の顔になる彼女だが、フジ関係者によると、「報道局はあまり歓迎していない」という。一体どういうことか?

「『めざまし』に起用された当初、あまりに原稿読みがヘタで、報道局から『生野にニュースを読ませるな』というクレームが入ったことがあるんです。コーナーの時間内に6本のニュースを読まないといけないところ、彼女がまごまごしているせいで5本で終わることもあった。そりゃあ、報道局も怒りますよね。

同じ『めざまし』からの異動だったら、ショーパンではなく、カトパンを報道にもってきてほしかった。『スーパーニュース』は視聴率で苦戦しているし、人気も実力もあるカトパン(加藤綾子)なら起爆剤になったはず。正直、謎の人事ですよ」(フジ関係者)

さらに『スーパーニュース』の安藤優子キャスターとの相性の悪さを指摘する声も……。

「安藤さんは好き嫌いがハッキリしていて、当然ながら仕事に対して高いプライドを持っている。片やショーパンはおっとりした性格ですし、細かいことをあまり気にしないタイプ。ふたりが噛(か)み合うかというと、ちょっと難しいんじゃないかな。ショーパンがミスを連発したときが怖いですよね」(フジ局員)

局内も会社と個人の事情に振り回され右往左往のよう。幸せ絶頂のはずがまさに前途多難だが、結婚でダメになったとは言わせず、ショーパンにはそうした雑音を実力でねじ伏せてもらいたいところだ。

●生野陽子(しょうの・ようこ)


1984年5月17日生まれ、福岡県出身。福岡大学法学部卒業。200 7年、フジテレビに入社。『めざましテレビ』の放送中、自身の異動について触れ、「戦力になれるように頑張ります」とコメントしている。がんばれ!

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

週プレNewsの記事をもっと見る 2014年9月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら