ドカベン・香川が本誌にラストメッセージを遺していた…最期のインタビュー「あの時代、勝敗より大事な勝負があったんや」

ドカベン・香川が本誌にラストメッセージを遺していた…最期のインタビュー「あの時代、勝敗より大事な勝負があったんや」
取材が行なわれたのは9月16日、血色も良く熱く語ってくれた香川氏だったが…合掌
9月26日、心筋梗塞により52歳の若さで急死した香川伸行氏。浪商(現・大体大浪商)時代から甲子園のスターとしてドカベンの愛称で人気者となり、プロ入り後も南海~ダイエー(現・ソフトバンク)で活躍。人気の所以(ゆえん)ともなったその体型がプロでは壁となり、惜しまれつつ89年に引退。

その後、評論家として活動する中、少年野球にも力を注いでいたが、02年に患った急性腎不全の影響で人工透析の治療を受けていたという。あまりにも早い別れに球界、ファンから惜しむ声は尽きない。

その香川氏が、明日29日(月)に発売となる『週刊プレイボーイ』41号でよもやのラストインタビューを受け、あの熱い時代について振り返っていた。 「80年代パ・リーグ伝説の瞬間」と題された大特集で、自ら鎮魂するかのようなその語り……週プレNEWSでは、哀悼の意を表し、ここに先行掲載する。

 * * *

今も昔も野球は野球やけど、やっとるもんは大谷(翔平・北海道日ハム)君が160キロ(球速)投げるのと、ボクが130キロ(体重)で野球やるぐらい別物かもしれんな(笑)。

一番の違いはこだわりや。ボクらの時代、特にパの選手はこだわりの強い変わり者ばっかりやったわ。三拍子そろった、そこそこの選手なんていらんねん。走るんが速かったり、肩がむちゃくちゃ強かったり、守れんけど打撃がすさまじかったりと突き抜けた一芸を持っとるキャラが濃い選手ばっかりや。

〝人気のセ、実力のパ〟という言葉があったけど、パのほうがいい野球をやっとるという自負があった。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。