ブラジル戦直前!アギーレジャパンへのオシムの言葉「彼は頑固すぎるが、失意の日本に変化をもたらすだろう」

惨敗したブラジルW杯から約4ヵ月、サッカー日本代表はアギーレ新監督の下、2018年ロシアW杯に向け新たな歩みを進め、今日14日にはブラジル代表と対戦する。10年以上にわたって日本のサッカーに関わり、世界のサッカーシーンにも精通する名将オシムの目に、その姿はどう映っているのか。ジャーナリストの木村元彦が直撃した!

■多くのことを本田にまかせすぎた

ジャケットにポロシャツというラフな格好で“シュワーボ”(オシムの愛称)はやって来た。場所は彼の自宅があるオーストリア第2の都市グラーツ。地元クラブのシュトゥルム・グラーツの監督時代(1993-2002年)から行きつけにしている中華料理店で会食をしながらのインタビューとなった。

すでにブラジルW杯における日本代表の惨敗要因については、各メディアから何度も聞かれていたであろうが、少しだけ振り返ってもらった。

オシム 日本はそれまで98年(フランス大会)から4大会連続でW杯に出場していた。その経験によって、親善試合ではない、真剣なステージでの戦い方というものを学んできたはず。大会に向けてのコンディション調整の方法やキャンプ地の選定に、その蓄積をもっと生かすべきだった。

―確かに、ザッケローニにはW杯で戦った経験がないということは、当然ながら最初からわかっていたことで、そこは日本サッカー協会がもっとバックアップすべきところだったかもしれません。

オシム チームにおいては、果たして本田があのポジションと役割でよかったのかどうか。多くのことを彼にまかせすぎた。判断や動きだしのスピードが遅く、手詰まりになっていたのは否めない。当時、彼には大きなストレスがたまっていたのではないだろうか。W杯が終わってからのACミランでの復活は何も驚くことではなく、もともとの彼の能力によるものだ。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。