19歳の“怪物”田中恒成、日本ボクシング史上最短の世界獲りを狙う逸材は井上尚弥を超えられるか?

19歳の“怪物”田中恒成、日本ボクシング史上最短の世界獲りを狙う逸材は井上尚弥を超えられるか?
1995年6月15日生まれ、岐阜県多治見市出身。アマチュアではアジアユースで銀メダル獲得など輝かしい実績を誇る。プロ戦績は3戦全勝(1KO)。東海に出現した、わずか19歳の“怪物”だ
ボクシング界にまたひとり、超新星が出現した。アマチュア時代からその素質を高く評価され、ここまでプロで3試合をこなしてきた田中恒成(こうせい)。10月30日に予定される次戦で早くも東洋太平洋タイトルに挑戦するが、これに勝てば史上最短記録となる「5戦目での世界獲り」が期待される!

「新記録は狙っていますよ。次の試合に勝ったら、プロ5戦目で世界戦を組むつもりです」

そう明言するのは、畑中ボクシングジム会長の畑中清詞(はたなか・きよし)氏だ。畑中氏といえば、かつて名古屋に初めて世界のベルトをもたらした、元祖“東海のロッキー”。

名古屋からはその後、辰吉丈一郎との激闘で知られる薬師寺保栄(やすえい)や、バラエティ番組で脚光を浴びた飯田覚士(さとし)など個性豊かなチャンピオンが生まれているが、彼らを凌駕(りょうが)するといわれる逸材が出現した。

田中恒成、19歳。畑中ボクシングジム所属。今からちょうど1年前、現役高校生ながらプロ転向を表明し、デビュー戦で世界6位の強豪を撃破するという離れ業で名古屋のファンを驚かせた。今日までにこなした3試合ですっかり定着したニックネームは、“中京の怪物”。畑中氏の言う次の試合とは、10月30日に東京・後楽園ホールで予定される、田中がプロ4戦目にして挑む東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチのことだ。


ボクシング界にはたびたびこうした“怪物”が登場する。例えば、希代のカリスマボクサー・辰吉丈一郎や、現WBC世界ライトフライ級王者の

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ボクシング 井上尚弥
週プレNewsの記事をもっと見る 2014年10月29日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ボクシング + 井上尚弥」のおすすめ記事

「ボクシング + 井上尚弥」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「プロレス」のニュース

次に読みたい関連記事「プロレス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。