羽生の悲劇で実証された、日本のフィギュアは危機管理マネージメントが不足している!

その瞬間、会場では大きな悲鳴が上がり、そして凍りついたように静まり返った。

11月8日、フィギュアスケートのGP(グランプリ)シリーズ中国杯・男子フリーの6分間練習。4回転ジャンプを跳ぶためにターンを繰り返してリンク中央を抜けてきた羽生結弦(ゆづる)と、手前側からジャンプの準備をして滑っていた閻涵(イエンハン)(中国)が激突した。

氷上に倒れ込んで動かないふたり。観客も関係者も呆然(ぼうぜん)として見守るしかなかった。

しばらくすると、閻涵が立ち上がり、救護員が駆けつけて様子を見るうちに羽生もなんとか立ち上がった。

互いにスピードが出ている状態での激突。受けたダメージの大きさは明らかで、筆者に限らず、会場にいた誰もがふたりの棄権は当然だと思ったはずだ。

だが、再開された6分間練習の途中から、頭に包帯を巻いた羽生がリンクに戻ってきた。出場を強行した羽生はジャンプで5回も転倒。演技後はフラフラの状態でリンクを後にした。

帰国後の診断で、ケガは5ヵ所で全治2、3週間と判明。最も心配された脳に異常がなかったのは不幸中の幸いだった。

このアクシデントであらためて認識させられたのは、フィギュアスケートが危険を伴う競技で、しかも、その危険性は年々高まっているということだ。

重大事故こそ起きてないものの、複数選手が同時に滑る練習時には、これまでも2010年GPファイナルの公式練習で髙橋大輔と小塚崇彦の激突が、08年全日本選手権6分間練習でも安藤美姫と村主章枝(すぐりふみえ)の激突などがあったし、ほかにもヒヤッとするシーンはたびたびあった。選手たちは周囲に気を配ってはいるが、ジャンプなどを跳ぶ瞬間は自分だけに集中する。しかも、今のフィギュアは以前よりもスケーティングのスピードが上がり、高得点獲得のために技と技のつなぎにも複雑な動作を入れるようになっている。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「羽生結弦 + 海外メディア」のおすすめ記事

「羽生結弦 + 海外メディア」のおすすめ記事をもっと見る

「羽生結弦 + GPシリーズ」のおすすめ記事

「羽生結弦 + GPシリーズ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「本田真凛」のニュース

次に読みたい関連記事「本田真凛」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 羽生結弦 4回転
  2. 羽生結弦 GPシリーズ
  3. 羽生結弦 twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。