俺の趣味! 第6回 獣神サンダー・ライガー ガレージキットを語る!「誕生日プレゼントは粘土が一番嬉しいです!(笑)」

俺の趣味! 第6回 獣神サンダー・ライガー ガレージキットを語る!「誕生日プレゼントは粘土が一番嬉しいです!(笑)」
新日本プロレス合宿所のライガーさんの部屋には自作の怪獣たちが陳列。手にしているのは初めて作ったフィギュア、ゴモラの頭部
新日本プロレス合宿所の一室で、今日も“怒りの獣神”が勤(いそ)しむガレージキット製作。その現場に突入した!

***

これまで作ったガレージキットは全部怪獣。ゴジラ、べムスター、レッドキング、ピグモン、デットン……15体くらいかな。怪獣の何がいいかって、探しに行ってもいないじゃない? 当たり前だけど(笑)。未知なるものを自分の手で作り出す喜び……そこに尽きるような気がしますね。

子供の頃は円谷映画の大ファンだったし、『ウルトラマン』がドンピシャの世代です。大人になって忘れていた怪獣熱が復活したのは蔵前のオモチャ屋さん。会場に向かうとき、なにげなく入った店でガレージキットの怪獣を見つけて買ったんです。自分で作り始めたのは20年くらい前。きっかけは、知人からフィギュア制作の達人を紹介されて、のめり込んでいきました。

僕が作るフィギュアの工程は、まず怪獣の写真を見ながら方眼紙に正面図を書く。これが全体の設計図になります。次にその中に入っている人間を書くと、肩とかヒザとか関節の部分が決定しますよね。その人間の形を、アルミ箔(はく)を巻いた新聞紙で作って、その上に方眼紙の寸法に合うように粘土を盛っていく。最後に塗料で色を付けて出来上がりです。


巡業の合間に合宿所の自分の部屋で作業するから、一体完成させるのに半年から一年くらいかかるかな。粘土を盛っては削るの繰り返し。正確さを期するなら、フィギュア作りに終わりはないですね。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週プレNewsの記事をもっと見る 2014年11月20日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中邑真輔」のニュース

次に読みたい関連記事「中邑真輔」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「棚橋弘至」のニュース

次に読みたい関連記事「棚橋弘至」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「真壁刀義」のニュース

次に読みたい関連記事「真壁刀義」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。