セルジオ越後の一蹴両断!第380回「オーストラリア戦に勝ったのは大きい。あとは香川の復活待ちだ!」

2試合とも結果にこだわって、しっかり勝ち切ったことを評価すべきだろう。

日本代表が年内最後の強化試合、ホンジュラス戦(6-0)、オーストラリア戦(2-1)を連勝で飾った。

これまでアギーレ監督は、無名に近い若手を大量招集したり、強豪ブラジル相手に代表経験の少ない選手を何人もスタメン起用したりするなど、ある意味、内容や結果を度外視して“テスト”を重ねてきた。

でも、今回の2連戦は、来年1月のアジア杯(オーストラリア)前の最後の強化試合。こういうメンバーで、こういうサッカーをやって勝つんだというものを見せられなければ、選手もファンも不安な気持ちを抱えたまま年を越すことになる。それだけに意味のある連勝だった。

正直、ホンジュラス戦に関しては相手のデキがひどすぎて論評は難しい。ただ、続くオーストラリア戦に勝ったのは大きいね。前回(2011年)のアジア杯決勝でも対戦したライバルで、しかも今度のアジア杯は自国開催とあってモチベーションも高かった。そういう相手に勝てたのは自信になるよ。

今までいろいろな選手を試してきたのに、結局、ザッケローニ時代のメンバーとほとんど同じなのかと不満に思う人もいるかもしれない。

でも、それも仕方のないこと。ザッケローニ前監督は長い間スタメンを固定して戦ってきたから、彼らには十分な連係ができている。少ないチャンスのなかで、そこに割って入るのは簡単なことではないよ。また、そもそもブラジルW杯メンバーを脅かすような若手が次々と台頭しているわけでもない。言い換えれば、それだけ今の日本は選手層が薄いということ。“現実路線”にシフトしたら、誰が監督でも同じようなメンバーになるんじゃないかな。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。