1・4東京ドームを10倍楽しむ!新世代“新日マニア”が知るべき基礎知識

1・4東京ドームを10倍楽しむ!新世代“新日マニア”が知るべき基礎知識
『詳説 新日イズム 完全版 闘魂の遺伝子がここにある!』 流智美・著 定価 1500円+税
新たなブームを巻き起こしている新日プロレスの年始最大イベント、1月4日の東京ドーム大会が近づいてきた。棚橋弘至vsオカダ・カズチカのIWGPヘビー級選手権をメインに、中邑真輔vs飯伏幸太のIWGPインターコンチネンタル選手権など今年も黄金カードが目白押しだ。

最近は若い世代や女性ファンも急増中だが、1972年の旗揚げ以来、プロレス界を牽引し走り続けている新日本の歴史を知れば、「1・4」の楽しみも倍増すること間違いなし!

大ヒットDVDマガジン『燃えろ!新日本プロレス』の人気連載をまとめた『詳説 新日イズム 完全版 闘魂の遺伝子がここにある!』(流智美・著)から、ファンなら知っておくべきトリビア満載の基礎知識を紹介!

■ ストロングスタイルは「和製英語」だった!

新日イズムの根幹を成す「ストロングスタイル」という言葉は、もともと英語には存在しない。その反対の意味を持つ「ショーマンスタイル」という言葉もなかった。似たようなニュアンスを表す単語はなんだったかというと、前者は「本格派」であり、後者は「ショーマン派」だった。

ストロングスタイルという言葉が“つくられた”のは72年の夏頃、新日本と全日本が誕生した時期で、東京スポーツの「プロレス特集号」が紙面で盛んに使い始めた。

ライバル全日本との差別化をはかるためにつくられた言葉でもあり、「新日本がやっているプロレスこそ本物・本流であり、全日本のプロレスはショーマンシップが主体の見せ物」というイメージをファンに植えつけたのである(全日本にとっては非常に迷惑な仕分けではあるが…)。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2015年1月1日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。