川内原発のある町を作家・馳星周が歩いた。原発と新幹線…夢の技術が地方を殺す!

       
建築業界で働いているという40代のおじさんが吠えるように言った。

「動かさなくても原子炉は残る。廃炉には何十年もかかる。だったら動かした方がいいでしょう。動けば、この町の経済も潤(うるお)うんだから」

原発が稼働していた間も、この町の経済は下降線を辿(たど)る一方だった。なのに、原発が動けば金が回るとまだ信じている。

「福島はさ、結局、地震じゃなくて津波のせいでああなったわけでしょ。ここは地盤もしっかりしているし、動かしてもだいじょうぶ」

赤ら顔でそう訴えたのは60代の男性だ。しかし、わたしが聞いた話では、実情は違う。この辺りは特殊な火山帯に属しており、御嶽山(おんたけさん)のように山頂付近で噴火が起こるのではなく、もし噴火するとしたら山ごと吹き飛ぶような超巨大噴火が起きる可能性が高いということだった。直径20キロ、30キロという規模のクレーターが生じ、雨が降れば、地上5階建ての高さの土石流が流れ込んでくる。


だれかの言葉が耳によみがえったーー桜島の火山灰はいいよ。掃除すればいいんだから。でも原発になにかあったら……放射線は掃除できないからね。

「とにかくね、原発で働いてるやつらがこの町で金を落とさないのがけしからんよ」。商店を営んでいるというおじさんが言う。「この町はコンビニのひとり勝ちさ。原発労働者はコンビニで弁当とビール買って寮やホテルで食べて飲むだけ。お偉いさんは新幹線で鹿児島に行って飲んじゃう。それじゃ、原発を誘致した意味がないでしょう」
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「選挙」に関する記事

「選挙」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「選挙」の記事

次に読みたい「選挙」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月9日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。