尽くしすぎて離婚した宮崎宣子「もう男に疲れた…」に、あの山路徹が猛プッシュ?

大手レコード会社勤務の男性と2011年に入籍するも、憧れていたはずの結婚生活は長続きせず昨夏、「尽くしすぎて自爆しました」というコメントを残し、あえなく離婚した元日本テレビアナウンサーの宮崎宣子

「もう、男性には疲れました…」と語る彼女は、本当に懲りているのか? そこで離婚歴3回の“先輩”、ジャーナリストの山路徹氏に登場してもらい、説教がてら再婚の可能性を探ってもらうことにしたが…。

 * * *

山路 初めまして、ジャーナリストの山路徹です。

宮崎 え、まさか…って、山路さんはキケンすぎますっ!

ーー大桃美代子さん麻木久仁子さんとの離婚騒動は記憶に新しいですよね。

山路 僕はね、3回も離婚していて、次に訪れるだろう4回目の結婚にかけているんだよ。

宮崎 まだ結婚する気ですか!

山路 人生は何が起こるかわからないし、出会っちゃったら仕方ないでしょう。現に、宮﨑さんをステキな女性だなって思っているわけですから。

宮崎 いえ、そういうのは…(苦笑)。私、今回の離婚で男の人に疲れてしまっていて。

山路 結婚生活なんてね、正解はないんだから。ただ、常に緊張感を持つことが大事。例えば、“夫婦生活”もそう。これは本当に重要なことで、心とカラダは両輪だからね。両方回っていないと、男女の関係っていうのはよくならないんだ。で、宮﨑さんの場合はどうだったの?

宮崎 それが全然…。

山路 ああ、それはダメだよね。お互いを男と女として認められなくなるから。日本人は考え方をもっと多様化していかないといけない。僕は夫婦生活の中で、妻に恋人がいてもいいし、もちろん僕に恋人がいたっていい。健全な結婚生活を送るためには工夫が必要なんだよ。宮崎 工夫っていう名の不倫じゃないですか、まったく! 私、もう離婚はコリゴリなんです。ものすごく傷ついたし。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク