追悼!“赤鬼”ルスカ、同じ柔道からプロレスを舞台に戦ったあの男が語る 「腕相撲、そしてポルノ映画の思い出」

1972年のミュンヘン五輪で柔道2階級制覇を成し遂げたウイリエム・ルスカが2月14日、母国オランダで死去した。74歳だった。

日本のプロレスファンに記憶されるのは、なんといってもアントニオ猪木との異種格闘技戦が有名だろう。白い肌が紅潮することから、“赤鬼”の異名で呼ばれた。

現地メディア『ザ・テレグラフ』には、故人を悼む声が多数寄せられている。

「オランダ柔道界はイコン(聖像)を失いました。ルスカはオランダ柔道界に多大なる貢献をした」(オランダ柔道連盟会長、ウィレム・ファン・ステヘマン)

「オランダには偉大なる王者がいた。オリンピックでふたつの金メダルを獲り、世界大会で2度優勝し、コーチとしても貢献してくれた」(スポーツ大臣、エディス・スキペルス)

「ルスカは私の最高のお手本でした。彼の爆発的なスタイルにものすごく影響を受けました」(柔道2005年世界選手権無差別級王者、デニス・ファン・デル・へースト)

「大いなる損失。子供の時に図書館でルスカの本『Vallen en opstaan(試行錯誤)』を3回借りて読んだ。この本のおかげで僕は頑張れた」(シドニー五輪90㌔級金メダリスト、マルク・ハイジンハ)

オランダから現地の格闘技情報を発信している遠藤文康氏が、晩年のルスカの様子を教えてくれた。

「ルスカは95年から『Gladoor』というカフェを開いていました。ルスカを慕う仲間たちが集まる楽しい店で、彼はビリヤードを楽しみ、奥さんが接客していました」

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「プロレス」に関する記事

「プロレス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「プロレス」の記事

次に読みたい「プロレス」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。