元K-1王者ホーストが死去前日に見舞った最期の姿、ウイリエム・ルスカの知られざる晩年

元K-1王者ホーストが死去前日に見舞った最期の姿、ウイリエム・ルスカの知られざる晩年
亡くなる前日、同じ街に住むアーネスト・ホーストが見舞った。とても翌日に急逝するとは思えない姿だ (c)アーネスト・ホースト
前人未到のオリンピック柔道2階級制覇を達成した“赤鬼”ウイリエム・ルスカが2月14日、母国オランダで死去した。

追悼記事の後編では、1994年にアントニオ猪木と最後の試合をした以降の、ルスカの足取りを辿(たど)る。(前編はこちら→http://wpb.shueisha.co.jp/2015/02/19/43781/)

76年のプロレス転向以来、長らく柔道界から遠ざかっていたルスカだったが、97年に「柔道家として」来日したことがある。

前年秋、群馬県の医師、関口明氏は学会に出席するためオランダ・アムステルダムに滞在していた。関口氏の曽祖父、関口孝五郎は講道館柔道の創始者、嘉納治五郎の直弟子で、群馬県で初めて道場を開いた人物だ。柔道一家に生まれた関口氏は「関口杯」という柔道大会を毎年開催している。

現地在住の格闘技ライター、遠藤文康氏とともにルスカが経営するカフェを訪れた関口氏の前に現れたミュンヘン五輪2階級制覇王者は、明治の武道家のような佇(たたず)まいだったという。感激した関口氏は、ルスカに「関口杯」に来てくれないかと申し出る。ルスカは快諾し、柔道家として久々に日本に行けることを心から喜んだとか。

ルスカは、日本のお家芸の金メダルをさらった宿敵であり、さらにプロレスに転向したことから日本柔道界にとっては扱いにくい存在となっていた。そのため講道館や群馬県柔道連盟にかけあうなど奔走、97年4月、ルスカの来日が実現する。「関口杯」で模範試合を行なった後、前橋市の高校生や群馬県警

あわせて読みたい

気になるキーワード

週プレNewsの記事をもっと見る 2015年2月20日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。