世界No.1ジョッキーも認めたステイゴールドの秘話。武豊「あの時は“背中に羽が生えている”ようだった」

世界No.1ジョッキーも認めたステイゴールドの秘話。武豊「あの時は“背中に羽が生えている”ようだった」
国内では“善戦マン”だったが、海外の大一番では2戦2勝と抜群の勝負強さを見せた。彼が“本気を出した”数少ないレースだったのかも?
現役時代、“希代のシルバーコレクター”とファンに愛された名馬・ステイゴールドが2月5日に亡くなった。

その節目となるレースの多くでパートナーを務め、勝利に導いてきた武豊騎手が知られざる秘話を語った。

■ゴドルフィンブルーの勝負服を見ると燃える!?

生涯成績は50戦7勝。

この数字だけを見ると、今なお語り継がれる馬としては、ちょっと…いや、かなり物足りない。しかし、この7つの勝利の中には、どでかい勲章がふたつある。

ひとつは、2001年3月24日、アラブ首長国連邦のドバイで開催された世界的規模の大レース「ドバイミーティング」のひとつであるGIIドバイシーマクラシックと、ラストランとして選んだ国際GI香港ヴァーズ。どちらのレースも武豊に導かれての快挙達成だった。

「いつもは左に斜行していく癖があるのに、このふたつのレースだけは、そんなそぶりさえ見せなくて。理由ですか? このレースの大事さを知っていたといえばカッコいいんでしょうけど、たぶん、違うでしょうね。たまたまだと思います(笑)」

ドバイシーマクラシックのレース前は、体調が悪いという話も伝えられていたが、最後の直線、馬1頭分のスペースを見つけると、強引に隙間をこじ開け、矢のような速さで襲いかかった。

「先頭を走っていたのは、世界No.1ジョッキーのフランキー(ランフランコ・デットーリ)と、世界に君臨するゴドルフィン所有のファンタスティックライト(前年のワールドシリーズ王者)。最後は写真判定になり、心臓がバクバクしていましたが、ゴールした瞬間、勝ったという手応えはありました」

当時の記事を読む

武豊のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「武豊」に関する記事

「武豊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「武豊」の記事

次に読みたい「武豊」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 武豊 G1
  2. 武豊 フランス
  3. 武豊 凱旋門賞

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。