松坂大輔が江夏豊に語った日本球界復帰「妻は“わかった、ついていく”だけでした」

松坂大輔が江夏豊に語った日本球界復帰「妻は“わかった、ついていく”だけでした」
9年ぶり日本復帰の“平成の怪物”が、伝説のエースと交わした「投手論」
       
投球動作の途中、左足を上げたところでいったん静止し、右足一本でピョンと跳ぶ。着地して投球動作を再開し、ボールを投げる。

ソフトバンクの春季キャンプ第3クール最終日。松坂大輔は予定していたブルペンでの投球練習を取りやめ、代わりにキャッチボールと遠投を約1時間、入念に行なった。体重を軸足に真っすぐ乗せ、そこからスムーズに前方へ移動していく投球フォームを体に染み込ませる作業だ。

高校時代から怪物と呼ばれ、26歳でメジャー移籍。酸いも甘いも噛かみ分けて9年ぶりに日本に戻った彼は今、何を思うのか。キャンプ地を訪れた江夏豊氏との“ピッチャー同士の対話”が始まった。

■江夏氏を驚かせた1年目のブルペン

江夏 お帰り。久しぶりだな。

松坂 お久しぶりです。

江夏 9年ぶりに日本に帰ると決断したわけだけど、これはあなただけの問題じゃないよな。野球するのはあなただけど、ご家族もおられるし。奥さんは納得してる?

松坂 妻は基本的に、野球のことに関しては「私はこう思う」というのがないんです。「僕はこう思うから日本に帰る」と言ったら、「わかった、あなたのためについていく」だけでした。

江夏 ああ、いい教育してるな。教育してるのか、されてるのかわからんけど(笑)。

松坂 いえいえ、僕は何もしてないです(笑)。元からそういう感じなんですよ。

江夏 じゃあ、ご両親は?

松坂 アメリカでやってほしいという気持ちもあったかもしれないですが、日本で見られるという、その距離の近さを喜んではいましたね。

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。