シーズン前でこの騒ぎ! 黒田フィーバーの広島、早くも優勝セールまで準備されていた

広島市民が熱狂している。日米通算182勝、名門ヤンキースのエースにまで上り詰めた黒田博樹投手(40歳)が、8年ぶりに古巣のカープに復帰したからだ。

広島市内で、野球用ユニフォームを制作販売する「プレイボーヤ」店主の加藤勝義さんがこう話す。

「黒田はメジャーに挑戦する時、『日本に戻ってくるなら、またカープに』というセリフを残して渡米しました。それから7年。年俸21億円超のオファーを蹴り、4億円しか提示できなかったカープに約束通り、戻ってきてくれた。その黒田の“男気(おとこぎ)”に市民は皆、感動しているんです」

ならば、その熱狂ぶりを実感しようと、黒田の入団会見が行なわれた2月16日の翌日、広島に行ってみた。

JR広島駅を降りて、まず目に入ったのが地元デパート「福屋」の正面に掲げられた巨大な垂れ幕。そこには「おかえりなさい!黒田投手」という太文字が躍っていた。

駅構内の売店には、前日の入団会見の模様を報じるスポーツ紙が山積みに。売店のおばちゃんが笑って言う。

「1面はどれも黒田の巨大写真がデカデカと載っとるじゃろ。こんな大きな扱いは見たことがない。切り抜けば、そのまま黒田のお面ができる」

続いて、駅から本拠マツダスタジアムに続く長さ約800mの通り、通称“カープロード”へと移動し、界隈(かいわい)の店を訪ねる。

その一軒、お好み焼き店「KOUBOUICHIスタジアム広島」の越田城全プロデューサーが、黒田フィーバーの現状を説明してくれた。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2015年2月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。