「鳩山元首相のクリミア訪問はなぜタチが悪いのか?」 鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

鈴木宗男・新党大地代表と、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏による対談講演会「東京大地塾」。

今回のテーマは、鳩山由紀夫元首相が日本政府の反対を押し切ってクリミアを訪問した真相と、2月末にモスクワ市内の橋の上で、深夜に銃撃され暗殺された反プーチン派政治家の評判。意外な話が次から次へと飛び出してきた!

鈴木 今日は佐藤さんから鳩山元首相のクリミア訪問、そして直近の日ロ関係を含めた外交問題等に対する見立てなどをぜひ聞きたいと思っております。

佐藤 まず、鳩山さんのクリミア訪問ですが、これは結構面倒くさいんですよ。というのも、鳩山さんはスタンフォード大学に留学して「マルコフ意思決定理論」という決断を専門としており、簡単に言うと「直近で起きたことだけで物事を判断して決断すると一番いい結果が出る」という理論で動いてるんです。

これは交通渋滞の解消では非常に役立つんですが、過去の経緯とか考えてないので、行動が一貫していない。別の言い方をすると“ニワトリ理論”。つまり、「三歩歩いたら、すべて忘れる」と。

鳩山さんは「理想のパートナーの見つけ方」という論文を書いてるんですよ。例えば、女性が1千人いてひとり選ぶとします。その場合、1番目は断る。残り999人に一番いいのがいる確率が圧倒的に高いから。で、一回断ったら戻ってはいけないとして、鳩山さんの計算だと、368番目の後に出てきた、369番目以後で出会った人で、368番目よりも少しでもいい人を捕まえるのが確率的に一番いい、というのが彼の研究なんです。

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鈴木宗男」に関する記事

「鈴木宗男」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鈴木宗男」の記事

次に読みたい「鈴木宗男」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月4日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。