めざすは球界のFCバルセロナユース!? プロ野球初のジュニア組織 「東北楽天リトルシニア」の挑戦は本気だ!

めざすは球界のFCバルセロナユース!? プロ野球初のジュニア組織 「東北楽天リトルシニア」の挑戦は本気だ!
泉練習場の恵まれたグラウンドで「東北楽天リトルシニア」入団1期生のメンバーが夢に向かって雄叫びを上げる!
シーズン開幕から一ヵ月以上が経ち、暖かくなってきたGWの盛り上がりでいよいよ球界もシーズン本番の雰囲気である。

すでにスタートダッシュの明暗分かれ、ファンである球団の戦績が序盤戦から気になるのはもちろんのこと。だが、シーズン開幕前にさりげなく話題になったある動きについて「週プレNEWS」は気になっていた。それはある意味、これからの野球界に大きな一石を投じる挑戦ともいえるからだ。

年明けの1月25日、楽天は傘下とする中学生年代の「東北楽天リトルシニア」発足式をコボスタ宮城の室内練習場で行ない第1期生20人がお披露目された。北は青森から南は山梨まで、約100人の応募者からセレクションで選ばれた精鋭たちだ。

プロ野球の球団がこのようなジュニアチームを保有、運営するのは初ということでスポーツ紙などでは報道されたが、目にした読者はどれほどいただろう。サッカーなどでユースチーム始め下部組織を持つことが当たり前に認識されるようになったとはいえ、日本でメジャースポーツであり続ける野球では、これまでされなかった試み。一体、この挑戦が意味するものとは…?

そこで練習が始まった「リトルシニア」チームについて話を伺うべく二軍のグラウンドと選手寮がある仙台市の郊外・泉練習場に向かった。話をしてくれたのは、ベースボールスクールからチアリーディング、ソフトボールなどの指導、普及活動を統括する「スクール部」部長の相田健太郎氏だ。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2015年5月10日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。