不人気のメイウェザーのファイトマネーがパッキャオより高い理由とは

“世紀の一戦”と呼ばれた5月3日のフロイド・メイウェザーvsマニー・パッキャオの一戦。その盛り上がりぶりはスゴかった。

観戦チケットは発売開始1分で完売し、最も高額なリングサイド席は、2枚で30万ドル(約3600万円)の値をつけた。また、世界中のセレブがプライベートジェットでラスベガスの空港に集結したことで、滑走路が一時閉鎖される事態にもなった。

日本国内では同じアジア人のパッキャオを応援する声が多かったが、現地ではどうだったのだろう。アメリカ在住のスポーツライター・杉浦大介氏がこう話す。

「会場は8対2くらいの割合でパッキャオファンが占めました。パッキャオはアメリカンドリームの体現者でもあり、多くの人に愛されています。一方、メイウェザーは、熱狂的に好かれるか、嫌われる、中間のいないボクサーです」

やはり、現地でも人気はパッキャオの圧勝。しかし、ファイトマネーでは逆転現象が起きていた。その分配比率はメイウェザーが60%、パッキャオが40%。金額にして、メイウェザーが2億4000万ドル(約288億円)、パッキャオが1億6000万ドル(約192億円)ともいわれる。

パッキャオに人気で劣るメイウェザーのほうがファイトマネー、つまり商品価値が高いのはなぜなのだろう?

昨年末に来日したWBA・WBO世界スーパーバンタム級スーパー王者のギレルモ・リゴンドウは「強いが、リスクを冒さない試合運びが不人気で、ラスベガスで試合を組めない」と評されていた。だが、メイウェザーはまさにその「リスクを冒さない」守備的なスタイルの選手。今回の一戦でも、KOを狙わずにポイントを稼いで判定勝ちを収め、“凡戦”を演出したというのに。ボクシングライターの原功(いさお)氏が解説する。
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フロイド・メイウェザー」に関する記事

「フロイド・メイウェザー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フロイド・メイウェザー」の記事

次に読みたい「フロイド・メイウェザー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。